facebook

陶芸家 塚原三千勝さん

 塚原三千勝さん①

以前、取材で茨城県守谷市に行った時に
ご縁があって陶芸家 塚原三千勝さんに
お会いすることができました。

 

作品を見た瞬間、言葉になりませんでした。

色、形、質感においてすべて
ただ素晴らしいの一言。


そこにあるだけで何かを語りかけてくるようで。


どちらかと言うと一見力強くも見えますが、
とても繊細で女性的なイメージを受けました。



実はこれでもまだ未完成だとか。
それもまた驚きです。

 

ここからまた焼き上げて色を重ねていくのだそうです。

 

塚原三千勝さん②

 

塚原さんは、2009年に守谷市に陶芸などの
文化を広める活動や活躍が認められ、
文化芸術活動で茨城県知事賞を受賞されています。

 

独特の「緋色」を出す為の大事な焼き窯は、
何度も何度も試行錯誤を繰り返したそう。

 

作っては壊し、作っては壊し…

 

やっと納得のいく窯になるまで20年もかかったとか。

 

それでもその時々に応じて
窯の微調整をしているのです。
まだまだ窯は進化中。

 

塚原三千勝さん③

 

塚原さんの工房に伺わせて頂いた時は、
ちょうどパリで行われたJAPAN EXPO 2012 への
出展から戻られて間もない時でしたので、
その時の話も聞くことが出来ました。

 

塚原さんの作品はあまり大々的に
市場に出すことはないそうですが、
ファンが多く、今でもとても愛される作品です。

 

いつか、私もこんな壺を家に飾っておけるような
素敵な人間になりたいと思いました。
(ちょっと恐れ多いですが、笑。)

 

月に二回ほど、工房で一般の方向けに
陶芸教室も行っているようです。

 

 

まだ窯で焼く前の参加者の作品が
たくさん並べられていました。
どれもとても素敵です。

 

 

私もいつか早いうちに参加したい!

とてものどかな場所にあり、静かに
心を落ち着かせて製作に打ち込めそうな場所でした。

 

 

なんと、お土産にと塚原さんが作られた
湯飲みまで頂いてしまいましたよ!とても恐縮です。
(写真がなくてすみません・・・)

 

貴重な体験をさせて頂きました。
有難うございました。

 

 

※塚原さんについてはこちら。
http://www.joso.net/archives/hito/post-366.shtml