facebook

7時間耐久「スーパーママチャリグランプリ」in富士スピードウェイ

ママチャリGP①1/12(土)に、静岡県にある富士スピードウェイにて行われた、
7時間耐久「第6回 スーパーママチャリグランプリ」に、友人たちと共に参加してきました。
 
 

初めて聞く人には、よくビックリされます。
「何それ?!」と(笑)
ご存知の方には結構有名なレースのようですね^^
 
 
普段、フォーミュラカーが走行しているレース場を使い、
3~10人一組のチームで、リレー形式に7時間ずっとママチャリで走り続けるというレースです。
 
 
私は昨年のレースから参加し始めました。
 
 
「7時間ずっと走ってるの!?」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、
コース1周 4.563㎞を回るのに約15分くらいかかるので、チームに10人いれば、
一人当たり2時間くらい平気で順番が回ってこないのです。
でも、普段運動していない人は1周でもかなりつらいです…^^;
 
 
待っている間は、それぞれテントを張ったりしている場所で
暖をとったり、BBQしたり、談笑したり、寝ていたり…
かなり自由なゆる~い雰囲気です^^
 
 
良い場所を確保するために、前日夜から出発して夜をここで過ごすのですが、
他のチームの参加者みなさんは、一体いつから来ているのか?!と思うほど
準備万端です。それだけ夜は寒いのです。
唯一大変なのは寒いことでしょうね。
(超大型テントや、発電機まで持ち込んで対策しているチームがたくさん!
なんと、こたつまで持ち込んでいたりします。笑。)
 
 
コースは、一見平坦な道に思われますが、最初に一気に下り走りを終えると、
最後は怒涛の上りの連続。
 
 
標高が少し高いので空気も薄く疲れやすいし、気温も低いので、息をすると肺が冷たい!!
(今回は、前回よりも温かかったですけど^^)
 
 
昨年は、定期的に運動して臨んでいたので比較的ペースも早かったのですが、
今年はぜんぜん動かなかったせいか、私自身はかなりの体力低下ぶりでした…。
 
 
そして、このレースは「ママチャリ」というところが、かなりのポイントです。
 
 
しっかり車検まであって、26インチの純正なママチャリでなければならないのです。
きっと、ロードバイクでのレースだったら私は出ないでしょう…。
本気すぎる人達がたくさんいると思うと萎縮しそうですが、このママチャリという設定が
幅広い層の参加者を集めているのだと思います。
 
 
補助輪なし自転車が乗れるチビッコ達も、併走者とともに頑張って
同じコースを走っておりました。
 
 
ママチャリGP ②(選手交代が行われるピット内の様子。)
 
 
チームで純粋にタイムや順位を狙っているチームがいたり、
仮装してイベント的に走っているチームもいたりと本当に様々な人が参加しています。
 
 
レース終了後には、フォーミュラカーのデモ走行まで見れます。
 
 
ママチャリGP③(私たちがヒィヒィ言いながら通ったコースを、一瞬にして駆け抜けていく…笑。)
 
 
昨年に引き続き、天気にも恵まれて無事に富士山を拝むことが出来、
美味しい空気を体いっぱいに吸い込んで、本当に良い年初めを迎えられました。
 
 
とても寒いし、疲れるのだけれど、
終えると何故かまた来年も行きたくなる、そんな魅力があるのがこのレース。
毎年の年始恒例行事になりそうです^^
 
 
興味のある方、是非お友達と参加されてみてはいかがでしょう。
 
 
今年も素敵な事に出会えますようにと、
富士山に願いを込めて帰路につきました。
 
 
yukari