facebook

浅草の秘密の工房潜入記

こんにちは。 yukari です。
 
 
少し前の話ですが、浅草から程近くにある、秘密の工房をご紹介頂き、
見学させて頂きました。
 
 
そこは、3人のクリエーターが集う場所。
 
 

・ステンドグラス
・革靴
・アンティーク家具

 
 
を生み出す、職人さん達の工房です。
 
 
ypd004(ステンドグラス職人さんの机です。
奥の方に現在製作中のウエディング用のウェルカムボード。
手前には今人気の表札のデザイン画も。)
 
 
ypd003(ガラスを加工するのに使われている工具たち。)
 
 
ypd001(カットしたガラスの端材。)
 
 
ypd002(革靴職人さんのスペース。様々な種類の革を扱っていました。)
 
 
こういったものが生み出される空間はワクワクしますね。
 
 
ステンドグラス職人さんは、もともと知っている方のご子息で、お話をずいぶん前から聞いていましたが、革靴職人さんは初対面にも拘らず、関わっていらっしゃるプロジェクトで繋がっている部分があると分かり、世間は狭いな~と思ったのと同時に、感覚が似た者同士引き合うのかな~と思うと、ちょっと嬉しく感じました。
 
 
私も、もともとはモノ作りや手仕事をすることが好きなタイプ。
手のかかったものは、やはりそれなりに長持ちしますし、使い続けるとどんどん愛着が湧きますよね。
 
 
そして何より、その人その人オリジナルのストーリーが詰まっています。
 
 
写真も同じだな~と思った時に、オリジナルのモノ作りが出来ないかと、常々考えを巡らせていました。
 
 
写真もモノ作りの一環であると考えると、
 
 

「 想いが詰まった写真がある空間 」

「 他にはない唯一のモノがある空間 」
 
 
ということ。
 
 
写真と「何か」を融合したモノ作り、空間作りをしたいとかねてから構想を練っていました。
 
 
【 yukari × photo × design 】の意味はそういったところから来ています。
 
 
「私」と「写真」と「デザイン」を掛け合わせると何が出来るか・・・?
 
 
そんなことをテーマにしたネーミングです。
→色々難しいこと考えられなかったともいう(笑)
 
 
少し前からスタートしたオンラインショップも、まだまだ商品は少ないですが、そんなコンセプトをもとに、質感や雰囲気を大切にした、他では出会えないオリジナルのものを置いていきたいと思っています。
 
 
今回も、せっかくご縁を頂き素敵な職人さん達をご紹介頂いたので、いろいろとコラボレーションして何か素敵なものが出来ないか、考えていきたいと思います。
 
 
今回お邪魔したステンドグラス職人、森田さんのHPはこちら。
 
 
→ ◆森田ステンドグラスアーツ◆
http://msga.jp/

 
 
yukari
 
 

◆オンラインショップはこちらから◆
online shop バナー
 

HPFaceBookページ