facebook

1/25(土)自分の感性やセンスを磨いて高めるフォトワークショップ in神楽坂

10171/25(土)にやります。ワークショップ。

 
 
唐突ですみません(笑) yukariです。
 
 
実は昨年後半あたりから、
「写真のセミナーやってみませんか?」
「上手く撮れないのでワークショップやって欲しいです。」

など、有難いお声をかけて頂くことがあり、
何か出来ないだろうかといろいろ考えていました。
 
 
とは言っても、カメラの取り扱い方やハウツー本に書いてあるような
撮り方講座は現段階で行う予定はなかったので、
もっと私がやりたい講座や、伝えられるものはないだろうかと考えました。
 
 
実は以前、私自身がとあるカメラメーカーの撮影講座に参加した際に、
教科書勉強が苦手なことが分かっていながらも、机の上でひたすら
講義を聞きながら講師の説明するカメラの仕組みや撮り方・その他
ノウハウを聞いたところで、まったく身に付かず、家に帰ったら忘れてしまう…
という苦い経験をしたことがあります。
 
 
頑張って普段聞きなれない難しい言葉を覚えなくてはという
焦りや不安から余計に覚えられない、やりたいことのはずなのに、
覚えたいことのはずなのにとっても苦しいという悪循環(笑)
 
 
その講義が悪いという事ではないのです。
周りの方の中には真面目に受けられて、とても納得して
帰られていた方もいたと思います。
ただ、私には合わなかった…
なんとなく違和感を感じ、自分のなりたい方向や
撮りたいものを撮れるようになる気がしなかったのです。
 
 
でも、その時はそれをするのが「当たり前」、それをしなければ
自分の欲しい技術や、やりたい仕事は絶対に出来ないものであり、
それを受講することが「普通」であると思い込んでいました。
 
 
438

447
 
 
まぁ、結局予想通り、合わないし、覚えられないし、時間も費用も
もったいないと感じ、一回受講しただけで辞めてしまいましたが…
(こう書くと、自分の悪いところを棚に上げてる気がする、スミマセン(=_=;))
 
 
簡単に言うと、私は実践で体感しながら覚えるタイプ。
自分のことに置き換えてイメージしながら、感覚で吸収していくので
理論はあとからついてくるタイプです。
(理論が大切、まずはそこありきというもっともな意見は置いておいて下さいね。
分かっていても、出来ない時は出来ないのです。)
 
 
まずやってみて、自分の感覚で良いと思った時に、
「それは実はこういう理論なんだよ。」と教えてもらうと、
「おお~!そういうことなのか!!この現象には
そんな名前がついているのか!」と初めて理論(知識)となる。
 
 
まずは体感しないと、どんなに立派な仕組みを並べられても
「ふ~ん、で?」となってしまうとても面倒な性格なのです^^;
 
 
でも意外と、女性はこういうタイプの方も多いはず。
 
 
例えば、カメラや携帯電話を買う時に、あなたはまず何を重視しますか?
その業界に接していたり、知識が少しでもない限り、
「カバーやアクセサリーのデザインが可愛い」
「カフェやランチで撮る自分が想像できる」
「ネコや子供の写真が撮りたい」とか、
感覚やセンス、自分が撮っている姿がイメージできるなど
その辺りが最も重要視されるのではないでしょうか。
 
 
反対に、男性は「スペック」を重視する人が多い。
機種の容量が大きくスピードも速くて、最新のソフトが入っていて、
防水・防塵、耐久性もあって、○○でも使われている軽くていい素材で etc…
 
 
男性は、ハード面(外的要因)の良さに魅かれ
女性は、ソフト面(内的要因)の部分に魅かれやすいのです。
 
 
ですので、女性の場合、本当は写真を撮ることは興味があるし、
できれば上手く撮れるようにはなりたいけれど、
やれ写真の構図だの、やれ露出、ホワイトバランス、ISO感度
シャッタースピードがどうとかこうとか etc…
 
 
「ヒーーーー(@_@)!!! もう無理。」
 
 
こんなこと言われたところで、一気に萎縮してしまう。
脳内シャッターが一気に下りて思考回路がシャットダウンです(笑)
 
 
そもそもデジカメやスマートフォンだって全ての機能を使いこなせないのに。
 
 
そういった女性は実は意外と多いのではないでしょうか。
(実は、私がそうでした~^^;)
 
 
8948

1019
 
 
なんだか話が飛びましたが、
だからこそもっと身近にあるものを
女性がもつ「感覚」や「センス」を大切にして、
教科書勉強ではなく実践しながら身につける
楽しく日常の写真を撮っていくためのワークショップをやろうと
今回の開催を決めました。
 
 
自分の日常を自分らしく切り取って、表現するツールの一つとして
「写真」を今よりもっと身近なものにしていく事、
自分の感性・センスをアップしていくことが目標です。

 
 
●苦手意識があるけれど上手く撮りたいと願う人
●撮りたいイメージはあるけどなぜか上手く撮れない人
●写真を気軽に楽しく撮りたい人
●新しい自分の世界を見つけたい人
●センスアップして自分の感度を高めたい人
●そもそも写真を撮るセンスがないと思っている人

 
 
そんな人達が、自分の感性を存分に使って
自分で自分の感性を高めていける場所を作りたいと思います。
 
 
553

291
 
 
一人一人個性があるように、写真も個性が出ます。
自身が「良い」と思ったものが、他の人も「良い」と感じるとは
限りません。
 
 
綺麗な写真≠自分が好きと感じる写真
 
 
だから、人の「良い」というものを強制的に自分の「良い」に
置き換えるのにはとても抵抗があります。
だからこそ、自分の「良い」を追求するのです。
 
 
そんな場所にしていきたいと思います。
 
 
なんだかたくさん書きましたが、自由に楽しく
やれればと思っていますので、ご興味あれば是非ご参加下さい^^♪
 
 


◆1月25日(土) in 神楽坂◆
「今よりもう一歩自分らしい素敵な写真を撮りたい」人のための
自分の感性やセンスを磨いて高めるフォトワークショップ
~デジカメ・スマートフォン/初心者向け~

 

*・*・*・*・*

 
写真をもっと上手く撮れたらいいのに…と思うことありませんか?
でも「上手く」ってなんでしょうか?
 
プロになりたい訳でもないし、日常のちょっとした写真を
もうちょっと良く撮りたいと思う人。
自分の思い通りに自分の感性で自分に響く写真を撮ること。
それが一番あなたなりの「良い写真」ではないですか?
 
ほんの少し自分の感度を高めるエッセンスを知ることで
写真を撮ることがぐっと楽しくなります。
 
自分の感度を高めて、磨いて、活かすための
自由な実践型ワークショップです!
 
写真が苦手な方でも大歓迎です^^
 
(※スマートフォンやデジタルカメラの操作を教える講座ではありません。
ちょっとしたポイントはレクチャーしますが、基本的には普段の撮影している方法で
どうしたらもっと良くなるかを考えたり、新しい視点を発見したりする
自己探求ワークですので、個人のペース・スキルで参加出来ます。)
 
*・*・*・*・*

 
日 時 : 2014年1月25日(土) 13:30~15:00
場 所 : レンタルサロン プラス神楽坂
新宿区神楽坂2-12-1
※詳しい住所は、お申込み完了後のご案内となります。
(東西線 神楽坂駅より徒歩4分/JR総武線飯田橋駅 西口徒歩2分
東京メトロ 飯田橋駅B3出口より徒歩2分)
参加費 : 3,000円
定 員 : 6名 満席となりました。
持ち物 : お使いのスマートフォンかデジタルカメラ
普段好きで読んでいる雑誌1,2冊、
筆記用具
参加申込: 参加申込みはこちらから
 

 
yukari