facebook

【プロフィール撮影】結婚と仕事のカウンセラー selfill 白鳥未緒 様

HP製作のためのプロフィール撮影のご依頼を頂きましたので
撮影時の様子などをご紹介します。
 
 


selfill 結婚と仕事のカウンセラー
白鳥未緒 様

 
ms212
 
 
結婚と仕事のカウンセラー 白鳥未緒さん、実は以前に一度、
ブログ用のお写真を撮らせて頂いたことがあります。
※その時の記事はこちら
 
 
今回、HPを製作されるとのことで新たにお写真を撮ることになりました。
 
 
個人でお仕事をされている方の場合は、
「今まで使っていたプロフィール写真をそのままHPに使っても良いんじゃないのかな?」と思う事も、あると思います。
 
 
しかし、今回の白鳥さんのリニューアルに向けての撮影は、
それはとても意味のある撮影となりました。
 
 
ms587
 
 
それは、白鳥さんがHP製作の為に改めて自分を見つめ直すことで起きた
 
 
●今までお客様と対面してきた中で見えてきた更なる自分のサービスの価値
●さらにサービスをブラッシュアップしていく中で視えた新たな方向性
●サービスを伝えたい相手、届けたい相手の具体化、細分化。
●自分自身のステージアップ

 
 
これらの要素です。
 
 
プロフィール写真を撮る時に、私が一番に考えることが、
どうしたら「伝えたい相手にその人の内面が伝わる写真が撮れるのか」ということ。
 
 
どんな相手に
どんなことを伝え
どんなサービスを提供したいと思っているのか

 
 
この辺りを考えて、総合的に写真に反映できるようにしています。
それは、表情やポーズだけではなく、場所であったり、構図であったり、写真の色味であったりと人によって様々です。
(あまり、普段はポーズ指示したりはしないですが、今回は色々やってもらいました^^)
 
 
しかし、このそもそもの「想い」の部分がなかったりすると、
本人の表情や雰囲気が現われなかったりする訳です。
 
 
カメラマンだったらそれを上手い具合に撮ってよ、というのは
正直難しい話だと思っています。
 
 
だって、そこにその人の「想い」はないのだから、何が良くてで何がダメなのかも
「ない」状態では、その人にとっても大切な写真にはなりません。
 
 
ということは、写真に愛着も湧かないし、自信にも繋がらないし、
これでやって行く!という覚悟にもならないので、結局のところ
「なんか違う」
「この写真私らしくない」

と違和感を感じたりするでしょう。
 
 
「想いを形にする」ことをプロフィール撮影の根幹に置いているので
想いがないものを撮ること、表現することは無理に等しいのです。
 
 
と言っても、難しいことを言っているのではなく、
誰しも「これは好き」「これは違う」「こうしたい」という感情をお持ちですから、
そこをはっきりとさせ、突き詰めていく事だと思っています。
(苦手な方や、いまいちどう表現・言葉にしたいか分からない方は、
ヒアリングや、打合せの時に一緒に考えていきます^^)
 
 
ms099
 
 
話を戻しますが、今回の白鳥さんの撮影は、
今まで仕事を通して積み重ねてきたものがあったからこそ新たに出てきた
「自分」を撮るため、さらにステージを一歩登られるための、まさにそんな撮影でした。
 
 
私もどんどんと進化されて行く白鳥さんの様子を近くで見させて頂き、
そこにはとても言い表せないパワーが渦巻いていました。
以前撮らせて頂いた時とは、表情も雰囲気もまったく違います。
 
 
人はこんなにも、何か少しのきっかけや気付きで変わって行くことが出来るのだなと
体感した今回の撮影です。
でも、それは白鳥さん自身が「決めて動いた」からこそ。
 
 

ms405

(みなさん、自分と向き合ってますか?自分の本当の欲求から逃げていませんか?

と、白鳥さんは真正面から問い掛けております。←私のイメージです、はい。笑。)

 
 
そして、今回のたくさんの写真の中から更に厳選してピックアップし、
HPとブログに素敵に使って下さったWEBデザイナー inilaboの掛田恭子さん
素敵な写真を、デザインの力でさらに伝わるものにして下さいました。
ありがとうございました^^
 
 
「望む人生、自分が創る」 by 白鳥未緒
 
 
まさにその通りですね^^
 
 
とても素敵な撮影でした。
有難うございました。
 
 
selfill 結婚と仕事のカウンセラー
白鳥未緒 様

*HPはこちらから。
*AmebaBlogはこちらから
 
 
yukari
 
 
[NEWS]